ネット上を徘徊して音楽を聞いていると、どうしても無茶苦茶音圧が高い音源が有る。ことさら、デジタルレコーディングが発達してからというもの、CDやネット上にアップされている音源はとにかく音圧が高い。

音圧が高い、という事はなんとなく良さそうなこと、と感じるけれど、実はダイナミックレンジという、いわゆる音量が小さい状態から音量が大きくなるところまでの幅が狭くなってしまう。

簡単に言うと小さな音もすべて大きな音になってしまう、ということ。

なぜ音圧を上げるのか

音楽作品の音圧が大きくなってしまった原因は、メジャーレーベルがラジオで曲を再生した際に音量が大きく聞こえるように、という背景が有った。

ラジオやテレビ、最近ではYouTubeなどもそうだが、とにかく大きな音でインパクトを与えなければならない、と音楽制作者やエンジニアは必死になっている。

良い音質ってなんだろう

さて、では音圧が大きい音楽が良い音楽か、というと別にそれらは関係がない。レコードを聞く人は良く知っていると思うのだが、レコードは根本的に音圧が高かろうが低かろうが実はさほど関係が無い。

レコードは溝が太ければ音が大きくなるし、ノイズよりも音楽が大きく聞こえるというメリットがあり、アルバムよりもシングルの方が高音質だ。そもそも再生環境を整えればレコードはとても音が良いのです。

過去、流通してきた様々な音楽フォーマットの中で、やはりレコードの音質が最も素晴らしい。

さて、そこで音圧の話に戻るのだけれどぱっと聞きのインパクトの為に音圧を上げてしまうと、レコード作品で聞いているような繊細な音は聞けない。

レコードは音と音の間に隙間があり、昨今のデジタルレコーディング作品はその隙間をすべて音で埋め尽くしてしまうのです。

音楽は低音質でも良いのか

正直なところ、音質が良くても悪くても良い曲は良い曲だと思う。でも、音質が良いに越したことは無い。

レコード収集マニアの間では音質というのは非常に大きな項目だ。あの年代のあのレーベルの音質が良い、あの作品はあの国のプレスが最も高音質、果てはプレスのロットによっての音質の違い等、マニアの欲求には限界がない。

そういうこともあって「音質の良さを楽しむ」というニッチなジャンルは確実に存在していると思う。一部のダンスミュージックでもやはり音質、再生環境にとことんこだわった世界が存在している。

反面、どうしてもMP3は音質が悪い。トラックメーカーが楽曲を制作している状況の音質はとても良いので、やはり楽曲が最終的にMP3などに変換された際のちょっとしたガッカリ感は音楽制作者なら解るはず。

しかし、その現象はある意味では緻密なプロ用機器や高価なオーディオ装置を持っている人でなければ気づかない微小な差なのかもしれない。

そう思いつつも、作りてというのはわがままなもので「より高音質で楽しんで欲しい」と思っていたりするものだ。しかし現代の人々は小型でチープなPC用スピーカーで音楽を聞いていたり、スマートフォンに付属していたイヤホンで音楽を聞いている可能性もある。

残念なことだが作り手と聞き手の間には暗くて深い淵が有るのだ。

話は音圧に戻って

さて、作りてであれば実は「音圧」というのが思いの外大切では無い事を知っているはずだ。音圧を上げる前の方が良かった、と感じたことが一回くらいはあるのではないだろうか。

正直なところ、最近の音圧戦争のおかげで耳に棒をぶっ刺されている様な気持ちになることがたまにある。音圧が大きすぎて、音量を下げても音がまるで丸太の様なのだ。

それに、飛び抜けて大きな音量が出ているものなどは、ボリュームを操作する必要が有る。残念ながら音は大きければ大きいほど良い、と思っている人もたまにいるようで、原曲のテイストや音質など全てを犠牲にしてとにかく大きな音でなるように頑張っている人がいるのだ。

もう音楽作品の音圧を下げる、という事は誰もしないだろう。でもそろそろ盛大に音圧を大きくすることからはちょっと意識を遠ざけたい気がする。かくいう自分も最近の欧米の非常に大きな音でなっている音源がどのように再現できるかなど多少の実験はしたのだけれど、やっぱりほんの少し何か失われるような気がしている。

どうしても便利なものができると人間は昔には戻れなくなってしまう。音圧が低い楽曲、というのは洗濯板で洗濯をしている様なものなのかもしれないけれど、やっぱりちょっとしたダイナミクスが無いと耳が疲れてしまう。